5Gという方式はきにすんなよ〜〜

5Gという方式がそろそろ始動しますが実際は4GLTEが主力でありモバイルWiFiに変化はないと思います。日本全体ではまだまだ5Gが主流にならないと言われています。従って我先にと5Gを利用しようとしなくても無問題です。まだまだ5Gは使いみちがまだ見い出せません。Wi-Fiをもっと速くするには今あるルーターを最新のタイプに取り替えるということも本当重要です。

 

回線関係はほぼ接続する機械の性能が優先されるべきであると考えられます。WiFiサービスがビンビンな時と駄目駄目な時は確かにあると思います。その要因としては繋がる時間が問題であり早朝はやけに速いが普段は激遅ということがよくあります。インターネットを利用する場合はなるべく回線がゆるい時にサクッと繋がることがコツだと思います。ワイファイには2種類の電波があってネットを使い始める時にはどちらにしたら良いのか迷います。2種類の電波には長所端緒があるようですが両方に繋げてみて実測すると別に大きな差は見られませんでした。そんなことで損はないので迷わないで下さい。正直どちらに繋いでも同様の結果になるでしょう。

 

ワイファイの駄目なところとはインターネットがクソであるということが第一になります。大体においてドコモAUソフバンの電波制限や格安スマホが価格なりであるからということになりそうですね。わいふぁいとはある無線ランに対して命名された商標のことです。同様の無線を使うことで各機器によって電波が接続できないことを防ぐという役割があると信じられています。5Gで使用可能な携帯が支配的になってきそうです。20年以降はAppleでも5Gで使える機種が投入されるとのこと。ファーウェイも当然に販売が決まっています。私が買うとしたらやっぱりiPhoneの方が好きです。新品のスマホを買う場合はキャリアは厳しいですね。その根拠としては何でも高額になってしまうからです。機種変の金額がバカらしくスマホ代金が高騰していて手が出ないことが多いです。電話会社が得をして製造メーカーも儲かっていますし買っている人達だけが損が大きいような気がします。最近WiFiのレンタルが売れに売れています。原因は韓国などでもWifiを使いたいという人が多くいるからだと言えます。また自宅のネット回線としてWi-Fiのレンタルを選んでいる人が増え続けています。というのも他の回線と比較しても月額料金が安いからなのかもしれません。特別にワイファイが夕方以降に低速になる理由としてはスマートフォンを使用する人間共が多くなるからであると考えられます。キャリア、格安問わず事業者はモバイルWi-Fi強化をやっていくべきなんですよね。